学費の安い医学部予備校はあるのか

学費を少しでも安く抑えるにはまずは特待制度をうまく使うこと

医学部受験と聞くと、最高峰の難易度といわれています。
現役で合格するのは至難の業ですし、合格までの道のりが長くなれば当然費用が高くなってしまうので、なるべく合格までの道のりを早くしたほうがいいです。
医学部予備校というとほかの塾などと比べてかなり高いというイメージがあります。
いろいろな塾がありますが、平均をすると1年間で300万から350万程度が多く受験生のご家庭の学費面での負担はとても大きいものです。
さらには通っていく塾だけでなく寮生活をしながら勉強する予備校などもありますがそれは、さらに費用が高額になります。
ではこの学費を少しでも安くするためにはどうすればいいのでしょうか?まずは医学に特化していない一般塾や大手の場合は医学部コースであっても100万程度の安いコースが用意されています。
ここで頑張って合格を目指すというのも1つの方法ですが、大手の場合は集団塾になっているので、よりこまやかな指導という点では少し物足りないという人もいます。
よほど成績がよくて、自分のペースで勉強ができるという生徒でしたら問題がないですが、大半の生とは大手塾だけで合格を獲得できる人は少ないです。
医学部受験の場合は少人数で指導されるということと、手厚い指導と学習管理を受けることで合格のチャンスが広がることを考えると医学部に特化した予備校に通うことが求められます。
では学費を少しでも安く抑えるのはどうすればいいのでしょうか?まずは特待制度をうまく使うことです。
まずは予備校が指定する模試や選抜試験で一定以上の成績を修めた生徒に対して学費の一部を免除したり割引をする制度があるところがあります。
免除される金額はそれぞれ違いますが学費を大幅に抑えられる可能性があります。
塾でも成績のよい生徒に対してさらに優遇制度が追加されることもあります。

医専[医学部専門予備校]は講師の出入りが激しいので、内部事情は他の塾・予備校よりも出回りやすい
ただ、学費が安いと保護者側が「ここは何かあるのでは?」と疑う不思議な世界なので学費という尺度だけでその塾の良し悪しを判断するのは難しい

— 僕は予備校講師 (@SillyAlwayz) February 10, 2021

学費を少しでも安く抑えるにはまずは特待制度をうまく使うこと合格保証制度のある予備校を選ぶという方法時間のあるうちから塾選びを始める